logo website

 

Ma démarche porte sur la question du génie des lieux, du lien qui se crée entre un être et son alentour, un ressenti, une connexion invisible et impalpable, mystérieuse, parfois mystique.
Un imaginaire en tous les cas, une projection de tout un être dans un lieu et vice versa, l’un participe de l’autre et inversement.Le genius loci -en latin- relève à la fois de l’esprit des lieux, du courant de force, des génies -au pluriel- d’un lieu qu’on retrouve dans des formes de spiritualités animistes.

Il se révèle lorsqu’on traverse et habite des lieux étranges, en marge ; lieux de dévotions populaires, villages fantômes, entre-deux murs, jardins, friches…
Le génie des lieux est une force transculturelle qui m’amène à me dépayser. Si insaisissable chez moi, j’essaie de le capter au Japon, en Nouvelle-Calédonie, jusqu’à la Lune et retour… afin d’en comprendre les principes.

Mais toujours il s’échappe.

私は作品制作を通して、人間とその環境の間で生まれる「土地の神秘」の問いを投げかけている。
姿が見えず触れることのできない、感じることしかできない、なんともいえないあの神秘的な、畏怖を抱かせるものとは、一体何か。
いずれにせよ、これは一つのイマジネーションである。つまり、ある場所に住まうもの達の投影であり、彼らが存在する場所そのものでもあり、そして土地と人々の意識の相互作用である。

ゲニウス・ロキとは、ラテン語で「土地の神秘、エナジー、精霊」を意味し、精霊信仰、自然崇拝として知られている。それは我々がある特別な境界領域に立つと、姿を現すものだ。見知らぬ土地や、かつて人で賑わったうらぶれた土地、ゴーストタウン、壁と壁 の間、庭園や荒れ地・・・。
「土地の神秘」とは、文化を超えた力強さであり、私に自分の国を出て異国の地を踏ませる原動力となった。この場所で捕らえることなど到底できないため、私は日本やニューカレドニア、他のどこかでそれを捕まえ、その本質を見極めようとした。

しかし、この神秘はいつでも私から逃れて行く。